So-net無料ブログ作成
検索選択

もの、事柄との出会い~一期一会~3.スポーツ 運動会の徒競走、毎年ビリから抜けだした!苦手が得意に

スポンサーリンク




今日はスポーツとの出会い編です。

私は小学生5年生まで運動が苦手で、毎年運動会の時期になると憂鬱になっていました。徒競走でビリになることの惨めさは実際にビリになったことがある人でないとわからないかもしれません。

小学生3,4年の頃は学校の意地悪なクラスメートに目を付けられて(よくある話ですね笑)、現実逃避というか引きこもりというか、放課後は家でビデオゲームをしていました。しかし、5年生になりクラス替えがあったおかげでそのクラスメートと離れることができて、社交的になり友人ができて、その友達の仲の良い子達と放課後を過ごすようになりました。そのグループは、ほとんどが男の子で外遊びの多いグループでした。サッカー、ドロケー、缶蹴り、、毎日日が暮れるまで遊んでいました。

そしてまた運動会の時期がやってきて、体育の授業で徒競走の順番を決めるための時間測定が始まりました。自分の順番が来るまで本当に嫌で嫌でしかたなく、憂鬱な気分のままスタートラインに立ちました。スタートの笛の合図とともに夢中で走ってると、、「あれ?」何かがおかしい。。。「自分の前を走ってる人がいない。」と。夢中で走り終えてみると一位でゴールしていました。先生からタイムを告げられ、本当に自分のタイムなの??としばらく唖然としていました。

そうです、継続は力なりなのです。

毎日の放課後の外遊びの積み重ねで、足の筋肉が鍛えられていたのです。しかも知らない間に!

これは、今運動会前にお腹が痛くなっているみんな!必見ですよ!騙されたとおもってやってみてください。
子供から相談を受けている親御さんもお子さんにためしてみてください。
キーワードは、’遊びで楽しんでやっているのに知らないうちに身についている’です。

嫌々やると、嫌わないですむことなのに、その時の状況と照らし合わされて潜在意識に組み込まれてしまうので、食わず嫌いになってしまうのです。




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。